僕の自己紹介

仮想通貨の取引所とは?

今までは聞いたことあるけど、まだ使ったことがない人のほうが多いのではないでしょうか。一度は仮想通貨を買ったことがある人ならもう当たり前の存在ですよね。ここでまだ取引所を使ったことがなく且つ取引所の役割を知りたい方向けに簡単な記事を書いていきたいと思います。

仮想通貨の取引所はあのAmazonと基本的に同じ

これはどういうことかと言いますと、誰もが一度は使ったことがあるあのアマゾンの通販サイトと仕組みとしては多く共通する部分があります。以下特に似通っている部分を上げてみますね

  • 一つの場所にバイヤーとセラーが集まって一つの市場が出来上がること
  • 運営する企業や会社がいること

※バイヤー(何かものを買う人)、セラー(何かものを売る人)

ここでもう少し分かりやすく説明すると例えば、自分がアマゾンでなにかものを買うとすると実はその買うと思った商品の先には売る相手がいてそこで初めて売買が成立するわけですよね。

それと同じように取引所に集まる人というのは仮想通貨を買ったり売ったりとやることは同じで対象商品が異なるだけだと思っていればいいでしょう。アマゾンではアマゾン自社の商品を売ることもあれば、我々と同じように個人でも出品をすることもできます。仮想通貨の取引所の場合には2つの売買形式があって

 

1つ目は取引所です

これは個人同士で仮想通貨を売買をするという形になります。売買をするときに手数料がかかる場合もありますが今の日本国内の取引所ではかからないところの方が多いですね。

2つ目は販売所です

これは自分たちが運営会社からコインを直接買うことになります。例えばビットフライヤーであれば、画面に表示される販売所でビットコインなどを買うとそれは個人同士での取引ではなくビットフライヤーからコインを買うことになります。こちらでは個人同士で取引するよりもかなり多めに手数料が上乗せされていますので特に特別な理由がなければ取引所でコインを売買するようにしましょう。

仮想通貨の取引所を利用したほうがいい?

ここまでで大体仮想通貨の取引所の仕組みやイメージも掴めてきたのではないかと思います。仮想通貨は去年からテレビなどにも数多く取り上げられて一躍有名になりましたね。仮想通貨自体は怪しいものではなくこの目新しい技術がどう私達の生活を変えていくのかという視点でみると世の中の動きだったり今まで気づかなかったこともわかるようになるので体験的な意味で一度は触れてみる事をおすすめします。